認知症の物盗られ症状について

私の家には認知症の患者はいないのですが、知人の祖母が認知症になっているということで、かなり手を焼いているそうです。とくにそのおばあちゃんは物盗られ妄想と呼ばれる症状が激しく、とくに一緒に住んでいるお嫁さん(知人のお母さん)に「お前がお財布を盗んだだろう!」と言いがかりをつけるので雰囲気が悪いとか。なぜそんなことになるのでしょう?

 

物盗られ妄想とは?

認知症になると、さまざまな妄想が起きるケースがあるそうです。とくに女性に多いのが「お財布を盗られた」と家族や隣近所の方に言いがかりをつける物盗られ妄想です。

 

盗られるものはお財布に限らず、洋服や宝石、バッグなどその方が大事にしているものになります。もちろん家族が盗むわけではなく、本人がどこに置いたのか記憶をなくしているだけです。

つまり物盗られ妄想は、物忘れと妄想が合体した症状なのです。ただ「お前が財布を盗んだだろう?」と詰め寄られる側としては気分が良くありませんよね?

 

この妄想は身近にいる方や特別な感情(憎しみなど)を抱いた方に疑念をぶつけやすい、という特徴があります。つまり疑われた方は身近にいる方や特別な感情を持たれているわけですね。

 

多くの場合は「この人がいないと生活できない」「頼りにしている」方のようです。

 

物盗られ妄想に対する対処法とは?

この厄介な物盗られ妄想ですが、有効な対処法は「共感」してあげることです。「大事な財布がなくなったのですね。私は盗んでいませんが、困っているようですから一緒に探しましょう」と言って一緒に探してあげるとその場が丸くおさまるそうです。一番悪いのは「私は盗っていません!」とムキになること。

「私は盗っていません!」とムキになって大声を出すと、それに応じて認知症の方も大声を出してしまうそうなのです。ですからどんなに「ええ?なにそれ?」なことが起きても、冷静に対処することですよね。

 

そうは言っても、母から「お前が私の財布を盗んだだろ?」と言われるとパニックになってしまいますね。どのような対処法がベストなのか、認知症に詳しい方に聞いておくと良いかもしれません。

 

どんなトラブルにも対応する方法がありますので、正しい知識をもち落ち着いて対処することです。

 

まとめ

認知症は猫もかかってしまう病気なので、猫の看病にも応用できる……でしょうか?猫の場合は真夜中に泣く、その辺で失禁するなどの症状がでるようです。人間と症状がどこか似ていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です