最近はお坊さんもレンタルできるみたいです

最近はレンタル彼氏やレンタル彼女、レンタル友達など、人を派遣してくれるサービスが全盛です。彼氏がいないにも関わらず、さも彼氏がいるように装いたいばかりに彼氏役の男性を派遣してもらい、友達の前で体裁を保つのはちょっと寂しいですね。ところが今はさらに分野が拡大し、お坊さんもレンタルできる時代になりました。

お葬式に欠かせないお坊さん…もレンタル可能

リンク先の方はお葬式の戒名代に50万円もかかってしまったそうですが、お坊さんをお葬式に呼ぶと何かとお金がかかるのは事実です。お葬式だけではありません。四十九日や初盆、一周忌、三周忌など大事な法要にはお坊さんは欠かせません。

知人で宗教に詳しい方は「お坊さんがお経を読むよりも、親族一同でお経を読めばいいだけ。戒名も親族でつければいいんだ」と言っている方もいました。ただそのようなことがまかり通るようになると、お寺が運営できなくなるわけですから、僧侶の生活を守るためにお布施や戒名代を支払うわけです。

檀家になると何かにつけてお金を支払わないといけません。それだけでも年間かなりの額です。お布施が負担で檀家をやめてしまう方もいるようですね。お寺としてはビジネスの一環なのかもしれませんが、支えていかなければならない立場はやはりつらいです。

そんな経済的負担を解消するため、お葬式にお坊さんを呼べるレンタルサービスが開始されています。ちょっとびっくりしますね。

1回4万円から派遣OK

お坊さんを呼びたくてもお寺とのつながりがない方、戒名の授与代があまりにも高くてお坊さんを呼べない方など、何かしらの理由があってお葬式や法事にお坊さんが呼べないとなると困りますよね。

そこで1回に4万円支払えばお坊さんを派遣してくれるサービスが、今、大人気なのだそうですよ。4万円のなかには、交通費や雑費もすべてふくまれているので、別途車代などを支払う必要はないそうです。

確かに、お坊さんに来てもらうと車代を別に渡しますからね、すべての経費込みで4万円なら妥当な派遣料かもしれませんね。とても評判の良いサービスだそうです。

このようにお坊さんの派遣・レンタルが始まると人とのつながりとは何なのかを考えさせられます。またお寺を檀家で支えるシステムも、この先、維持していけるのかどうか不安になりますね。

お坊さんの場合はお金を払えば解決できる問題なので、お手軽に派遣してもらえるのも便利で良いのかも。これからもお坊さんの派遣事業、どんどん広がりそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です